築30年の古い賃貸物件をセルフリフォーム

都心のきれいなマンション暮らしから田舎の古い平屋の賃貸物件に住むことになりました。
内見に行ったら、木材の部分は白茶けているし、壁は安いベニヤ板やどんよりした色目の壁紙だったため、住みたい気持ちがまったくわきませんでした。
貸主さんのご厚意で自由にリフォームして構わないということだったため、初めてのセルフリフォームにチャレンジすることにしました。

 

まず、どんよりした抹茶色の壁と玄関周りの安いベニヤ板はオフホワイト色の漆喰を塗ったところ、パーッと明るくなり見違えるほど広さを感じるようになりました。
寝室の一面だけコバルトブルーのペンキを塗ったところ、障子とふすまの部屋が漆喰とのコンビでちょっと洋風の雰囲気になりました。
部屋の仕切りと押入れのふすまにはそれぞれ柄の違う海外製のオシャレな壁紙を貼り直し、モダンな雰囲気にしました。

 

白茶けた柱などの木材にはこげ茶色のニスを塗ってみたところ、かなり重厚な落ち着いた雰囲気に変わりました。
これらのリフォームで寝室と居間が見違えるほど居心地がよくなりました。
キッチンについても元々の壁紙は小花柄の昔風な柄でしたが、全て漆喰を塗って明るくし、シンクの扉にはレトロ調のオレンジ系の花柄の壁紙を貼りつけました。

 

出窓になっていた棚も汚らしかったので木目調のフロアシートを敷くことで清潔感が出ました。
これらのリフォームによって、キッチンに行くのが楽しくなりました。
トイレも地味な公衆トイレの印象だったため、床の薄ピンク色のシートは剥がし、木目調のクッションシートを張り、寒々しい水色のタイルの壁にはモスグリーンのペンキを、安っぽいべニヤ板にはモダンな柄の壁紙を貼り、トイレなのにオシャレなカフェの雰囲気になりました。

 

もちろん、鏡や電気シェードなどの小物も部屋の雰囲気に合わせてオールチェンジ。
外観からはこんな内装とは想像もつかないリフォームです。
2週間ほどかかりましたが、古いだけの住みたくない家から、障子やふすまのある和風を生かしたリフォームによって住みたい家になりました。

 

外壁塗装の費用と相場