住み心地のいい、明るい家

住み心地のいい、明るい家

住み心地のいい、明るい家

5年程前に父が車いすを使うようになったのですが、玄関から入る時には、レンタルのスロープを使っていました。
それでは不便なので、リフォームすることにしました。

 

玄関の前にコンクリートでスロープを作ってもらって、同時にドアを付け替えました。
以前は、泥棒がすぐに入って来れそうな鍵穴で、見た目もみすぼらしかったのですが、とても立派な玄関ドアを付けてくれました。
仕入れ値が80万円ぐらいのドアだったのですが、50万円にして貰えたそうです。

 

バリアフリーとドア取り換えの工事の際には、外壁のペンキも塗り直してくれました。
表から見える部分だけなのですが、それでも外観がとても明るくなりました。

 

そして、車いすで部屋の中に入る時には障子を2枚外して入っていたので、とても面倒だったのですが、大きな引き戸1枚に変えてもらいました。
高級感が出て、立派な家に住んでいるような気分になってきます。

 

ついでに、家じゅうの襖、障子、網戸を貼り替えてもらいました。
それぞれの業者に頼むより、時間的にも金銭的にも得だと思います。

 

もっとリフォームしたいところはあるのですが、とりあえずそれだけやっただけでも、住み心地のいい、明るい家になりました。